枠

事業紹介

枠
START

1.指導畜産事業

(1)診療
嘱託獣医師により実施しています。
(2)人工授精
獣医師及び人工授精師により実施しています。
(3)精液配布販売
(社)ジェネティクス北海道を中心に家畜改良事業団の精液を合わせ使用しています。
(4)改良
昭和63年より開始した受精卵移植に係る使用卵は、ドナー牛としてアメリカより輸入した優秀雌牛よりの採卵と長野県畜産試験場よりの提供卵を使用しています。
(5)指 導

① 個体乳量、固形分量の引き上げ

② 細菌・細胞数の減少対策指導

③ 経営管理(制度資金の利用)

④ 青色申告指導

⑤ 飼料作物栽培技術指導

(6)ヘルパー事業
昭和48年より始められ現在までに幾度かの変遷を経て、平成3年11月より新しい互助会制度を確立し現在にいたっています。
(7)畜産
乳牛の更新、増頭及び導入斡旋。肥育牛の委託販売

END
START

2.販売事業

(1)検査体制
東海酪農業協同組合連合会(東海酪連)生乳検査所(岡崎市)において実施しています。
(2)集荷
信州牛乳輸送(有)により、全戸隔日のローリー集荷を実施しています。(日量51トン)
(3)販売
生乳については、JA全農長野、東海酪連に委託し多元販売を行なっています。また肉牛販売については全農長野、全酪連等の系統販売と管内組合員への供給を行なっています。

END
START

3.購買事業

(1)仕入
協議購買制による仕入を導入
(2)粗飼料
ビートパルプ、ヘイキューブ等の供給配送
(3)濃厚飼料
組合配合を主軸に組合員それぞれの経営に適した供給体制

END
START

4.貸付事業

(1)貸付
一般貸付、乳牛導入資金、制度資金の取扱

END